介護リフォーム

介護保険サービス(介護認定を受けている方)でご自宅の浴室やトイレの回収ができることをご存知ですか。

手すりの取り付けやスロープなどの段差解消、洋式便器への取り換え、開き戸から引き戸への取り替えなど 小規模な改修費用として、要支援者、要介護者一人当たり20万円が利用できます。

  • 原則として、かかった費用の9割が住宅改修費として支給され、1割が自己負担となります(私大18万円の支給)
  • 豊田市はそのほかに【健やかリフォーム事業】として、別途40万円の女性があります。(自己負担1割ですので合わせて54万円の支給)

住宅改修のご相談があった場合、私 福祉住環境コーディネーターがご自宅に伺い、状況を確認してご家族、ケアマネージャー、医師やリハビリの先生とも相談しながら、住宅改修に関するご提案をさせていただきます。

福祉環境コーディネーターとは

医療、福祉、建築などに関する知識を身につけ、住宅に関する様々な問題点を発見し、各専門職と連携をとりながら、高齢者や障碍者にとって安全、安心してより快適な暮らしができるような住環境を提供する人材で検定試験に合格した人に与えられる資格です。